よくある質問

Q01... ダウンロードしたファイルの開き方がわからない
Q02... 招待状の文章を別の文例に変更したい
Q03... 文面や図形などを移動したい
Q04... 文面を追加したい
Q05... 文面の書体(フォント)や大きさ、色を変更したい
Q06... 間違えたので元の状態に戻したい
Q07... 行の間隔を広く(狭く)したい
Q08... 文字の間隔を広く(狭く)したい
Q09... 文面や図形などの位置を揃えたい
Q10... 写真を入れたい
Q11... 文面の下に波線が入っている
Q12... 文字を入力すると、その分の既に入力してあった文字が消えてしまう
Q13... 文面の一部が表示されない
Q14... 自分の会場と同じレイアウトのテンプレートがない
Q15... 印刷した際にインクがかすれる、インクの筋が入ってしまう








Q01... ダウンロードしたファイルの開き方がわからない
A01... テンプレートファイルは、ZIP形式もしくはEXE形式で「圧縮」されています。
このファイルを開くには、「解凍」という操作が必要です。
Windowsをお使いの場合、EXE形式はダブルクリックするだけで解凍することができます。
ZIP形式を解凍するためには、専用ソフトを使います。ソフトはLhacaデラックス版(フリーソフト)が便利です。
なお、Windows XP、Windows VistaではZIP形式の解凍機能が標準で備わっており、ファイルをダブルクリックするだけで解凍することができます。

Lhacaデラックス版
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se166893.html


↑トップへ 



Q02... 招待状の文章を別の文例に変更したい
A02... 文例は、招待状テンプレート集の中の「招待状文例.txt」というファイルに入っています。
ご希望の文例をコピーし、テンプレート内の文章を差し替えてください。


↑トップへ 



Q03... 文面や図形などを移動したい

A03...

文面は、テキストボックスという機能で配置されています。
文面をクリックすると長方形の枠が表示されます。この枠を移動したい方向にドラッグ(マウスのボタンを押しながらマウスを移動させること)するか、枠をクリックし、キーボードの矢印キーを押してください。
図形を移動する場合は、図形をドラッグするか、クリックし、キーボードの矢印キーを押してください。
移動単位を小さくする場合は、キーボードの「Ctrl」を押しながら矢印キーを押します。

文面の移動


図形の移動



↑トップへ 



Q04... 文面を追加したい
A04... 文面は、テキストボックスという機能で配置します。
メニューバーから[表示]−[ツールバー]−[図形描画]を選択します。



画面下部にあるテキストボックスのアイコンをクリックします。


文面を追加したい場所でマウスをドラッグ(マウスのボタンを押しながらマウスを移動させること)し、テキストボックスを作ります。


テキストボックスの枠をダブルクリックします。
表示されたパネルの[色と線]タブを開き、下図のように設定し、「OK」ボタンを押します。


作成したテキストボックス内に文面を入力します。

↑トップへ 



Q05... 文面の書体(フォント)や大きさ、色を変更したい

A05...

文面をクリックすると長方形の枠が表示されます。
枠をクリックし、ツールバーから書体、大きさ、色を変更します。

書体の変更 大きさの変更

色の変更



↑トップへ 



Q06... 間違えたので元の状態に戻したい
A06... 入力や操作を間違えてしまい、元に戻したいときは、ツールバーの「元に戻す」ボタンをクリックしてください。直前の状態よりも前の状態に戻したい場合は、ご希望の状態に戻るまでクリックしてください。



↑トップへ 



Q07... 行の間隔を広く(狭く)したい
A07... 行の間隔を変更する文面をドラッグ(マウスのボタンを押しながらマウスを移動させること)で選択します。右クリックし、[段落]を選択します。



[インデントと行間隔]タブを開き、下図の赤枠部分を設定し、「OK」ボタンを押します。


↑トップへ 



Q08... 文字の間隔を広く(狭く)したい
A08... 文字の間隔を変更する文面をドラッグ(マウスのボタンを押しながらマウスを移動させること)で選択します。
右クリックし、[フォント]を選択します。



[文字幅と間隔]タブを開き、下図の赤枠部分を設定し、「OK」ボタンを押します。


↑トップへ 



Q09... 文面や図形などの位置を揃えたい
A09... メニューバーから[表示]−[ツールバー]−[図形描画]を選択します。



画面下部にある[図形の調整]−[グリッド]を選択します。


下図のように設定し、「OK」ボタンを押します。画面上に格子が表示されます。


位置を揃えたい文面や図形などを選択します(キーボードの「Shift」を押しながらクリックすることで複数の文面や図形などを選択できます)。


[図形の調整]−[配列/整列] を選択し、ご希望の配置をクリックします。


位置が揃います。


↑トップへ 



Q10... 写真を入れたい
A10... メニューバーから[挿入]−[図]−[ファイルから]を選択します。



挿入したい写真画像を選択し、「挿入」ボタンをクリックします。写真が挿入されます。
写真をダブルクリックします。
[レイアウト]タブを開き、[折り返しの種類と配置]で前面を選びます。


[サイズ]タブを開き、[サイズと角度]または[倍率]で写真の大きさを調整し、「OK」ボタンを押します。



↑トップへ 



Q11... 文面の下に波線が入っている
A11... 文面の下に赤線や緑色の波線が引かれることがあります。
これはWordの文書校正やスペルチェック機能が自動で働いているためです。
印刷には関係ありませんのでそのままにしておいて問題ありませんが、誤字・脱字や日本語がおかしくないかを確認してください。



↑トップへ 



Q12... 文字を入力すると、その分の既に入力してあった文字が消えてしまう
A12... ステータスバーに黒く「上書」と表示されていると、上書きモードになり、文字を入力するとその分の既に入力してあった文字が消えてしまいます。
上書きモードを解除するには、「上書」と黒く表示されているところをダブルクリックするか、キーボードの「Insert」を押してください。




↑トップへ 



Q13... 文面の一部が表示されない
A13... 入力した文面がテキストボックスに収まりきれていない場合、文面の一部が表示されません。テキストボックスの大きさを広げることですべての文面を表示することができます。
文面をクリックすると長方形の枠が表示されます。枠の□をドラッグ(マウスのボタンを押しながらマウスを移動させること)すると、テキストボックスが広がります。




↑トップへ 



Q14... 自分の会場と同じレイアウトのテンプレートがない
A14... お客様の会場に一番近いレイアウトのテンプレートを使用してください。
テーブルの数や形、人数の変更などはお客様が編集します。作業方法はこちらをご覧ください。


↑トップへ 



Q15... 印刷した際にインクがかすれる、インクの筋が入ってしまう
A15... プリンタのヘッドクリーニングを行ってください。
ヘッドクリーニングの方法については、お手持ちのプリンタのマニュアルをご覧ください。


↑トップへ